Forestock 一般社団法人フォレストック協会

岡崎の水と環境を守る
生命(いのち)の森

森林所在地

愛知県岡崎市雨山町、東河原町、宮崎町、他

森林所有者

宮崎財産区他

認定対象面積

592.41ha

沿革

岡崎市額田地域の中でも、南東部の本宮山周辺やそこから流れる男川沿いの宮崎地区は木の成長に適した土地と言われ、早くから植林が行われていたが、一方で、古くは多くの山林がはげ山となっていた。これは、牛馬の飼料、肥料採取のための採草地として山焼きが行われ、それが隣接する森林に延焼し成林の形成を困難にしていた。

明治の半ば、旧額田郡宮崎村の初代村長山本源吉氏は、山焼き廃止に向けて「植樹営林規定」を設け、各部落あげての苦労の末、500haの村有林が設けられた。

明治43年には「愛知県額田郡宮崎村有林事業計画書」が策定され、その30年後の昭和12年に植林が完了し、第二次世界大戦後の復興期やその後の拡大造林時期にはすでにかなりの蓄積を有しており、地域資源としての森林は地域経済に大いに貢献した。

旧岡崎市と旧額田町は2006年に合併して現在の岡崎市となったが、先達の努力から市全域で約2.3万haの森林面積を有している。

森林・管理等の概要

岡崎市の面積38,724haのうち、森林面積は23,301ha(60.2%)となっている。森林のうち民有林が22,901ha、国有林が400haとなっている。民有林のうち人工林は13,365ha、天然林は9,065ha、竹林が219haで、人工林が58.4%を占めている。人工林の内訳は、スギ2,323ha、ヒノキ8,394ha、マツ類2,640haであり、ヒノキの植林地が62.8%と多いことが特徴である。

平成28年3月31日までに551.70haの森林経営計画を策定し、間伐を進めている。平成27年度の森林組合による素材生産量は約3,300m3であった。

CO2吸収量クレジットの算定量

・1,854t-CO2(3年度 算定)

・2,509t-CO2(2年度 確定)

・2,121t-CO2(初年度 確定)

森林構成

森林構成の概要

生物多様性の評価

間伐が進んでおり、林分内の樹木はよく成長していたとともに間伐遅れによる成長が遅れた林分は見られなかった。川の中に伐倒木や枝条を残さないよう整備され、現場では河川沿いの樹木が維持されていることが確認された。レッドデータブックおかざき2014が準備されており、森林内では多くの鳥の鳴き声が確認された。

人工林と天然林が入り混じり多様な景観を形成している。

間伐が進んだ林分では下層植生の発達が見られた。

渓流沿いには植林木と天然広葉樹が混交し残されている場所が観察された。

高齢林では根張りがよい状態が観察された。

一覧に戻る