Forestock 一般社団法人フォレストック協会

鳥取砂丘を育む森

森林所在地

鳥取県智頭町芦津

実施パートナー

智頭町、智頭町芦津財産区、智頭町森林組合

鳥取砂丘の源流、歴史あるスギの町

急峻な中国山脈に囲まれ、鳥取砂丘を育んだ千代川(せんだいがわ)の源流に位置する鳥取県 智頭町(ちづちょう)は、350年以上の植樹の歴史を持つスギの町です。明治時代なかごろに天然杉の下枝から採取した苗、「赤挿し苗」の養成が始まったことから、植林・育林の技術が発展し、西日本有数の林業地として名を馳せてきました。

智頭のスギは、均等に詰まった木目や色から、建材としてだけでなく、内装に利用されることも多く、その美しさは高い評価を受けています。

現在も町の総面積の9割以上を山林が占める同町は、森林を大切な財産ととらえ、町づくりのメインテーマのひとつとして森林セラピーに積極的に取り組んでいます。千代川の支流上流部に位置する芦津渓谷(あしづけいこく)は日本屈指の渓谷美を持つと言われ、智頭町が進める森林セラピーの拠点となっています。

また、園舎を持たず、町内の森をフィールドとして子どもたちが自由に遊びながら育つ場や、地域外に住む人が被災した場合に智頭町への「疎開」を受け入れ、7日間智頭町で生活できる場所と食事を提供する「疎開保険」の制度など、町の自然環境を活かした取り組みが注目を集めています。

一般社団法人 more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家 坂本龍一が代表を務める森林保全団体です。国内外 13 か所に「more trees の森」を展開し、地域と協働で森林保全を行うほか、国産材を活用した商品の企画・開発、イベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードにさまざまな取り組みを行っています。




森林セラピー

間伐体験

芦津渓谷

シイタケのほだ場

石谷林業木材市場

鳥取砂丘

一覧に戻る